« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

飴と団子

どちらも美味しい~
         嬉しい~お土産です♪

6_430 42_430

ただし飴のほうは中身はちょっとしかありませんでした。。
皆でちょこっとずつ味見してしまったみたい。。
    ーーとっても美味しいーー

P1010006

追;
こちらは以前に食べた焼酎ボンボンです。
ビターなチョコのなかに焼酎~

とっても合います♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/29

どちらへ~

こんなに個展のお知らせが・・ (^^)
4_429 7_429

しぶや黒田陶苑さん 岡部嶺男特集・長岡正巳展

5_429 6_429

日本橋三越で末廣学作陶展   銀座黒田陶苑さんは西島隆、山野千里、渡辺愛子と続きます。
今日からは・・
有田陶器市、益子、笠間も~
私は先日、末廣学さんの作陶展、いってきました。
ーあとはどちらへ行こうかしらぁー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/28

掘り出しもの

個展で見つけた逸品です。
初めてお会いした先生、作品を見るのは2度目・・

13_428

優しい笑顔でたくさんの焼き物話をしてくださいました。
「僕のはよくー掘り出しものってカンジですね~!ーといわれます」・・とちょっと嬉しそうにおっしゃってました。

んーー確かに・・・

唐津 梶原靖元さん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/27

器拝見*友人編

28_427
29_429
鍋島 色絵笹文皿

代表的は絵柄で、
高台は鍋島特有の櫛台です。

友人Tさんが陶心庵さんでひとめで気に入って購入~
チラッとお箱から出してもらっただけで。-即決ー
横で見てて、気持ちイイお買い物でした♪

20_427
Tさん宅でこのようにおもてなしをしてもらうと、とっても嬉しいです~
器話で盛り上がってしまい、時間経つの忘れちゃいます。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/26

見つけた!京都もの

2_426_1
こんな小皿が欲しくって探しました。

京都 昭阿弥 3.5寸

絵がわりで楽しく使ってます~

3_426_2

2004秋に行った京焼の祭典
こちらで刺激をうけてしまったのです。。。
24_426 25_426

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/25

酒 呑み 酔う

美味しい地酒にお気に入りのぐい呑み
あっというまに赤くなり酔ってしまいます~~♪

出先でこの組み合わせ
2_425

郷乃譽・山桜桃 フルーティで豊かな香りが揺れます~
唐津・刷毛目盃 自然坊さんの刷毛目の中でもグッと締まった切れの心地良い作品です~

http://www.sudohonke.co.jp/index1.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/24

好位置の器

我が家の狭いキッチン、流しと背中合わせにある食器棚。
一番取りだしやすいところにある器です。

33_424
備前 喜久代さん 平向6客

この喜久代さんの緋襻(ひだすき)が好きです。
陶心庵さんから彼女の緋襻は使えばとっても良く育つと聞き、いつの間にか棚の好位置に~
サイズも5寸と良い大きさで、向付けにも取り皿にも重宝しています。

象牙のようにしっとりと育つのをひたすら願って・・♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/23

お知らせ

・カテゴリーを焼き物別に分類してみました。
・メニューに検索の項目を追加しました。

少しは見やすく整理できたと思います。-今後ともよろしくお願いしますー
                                    ミミット^^)

|

やきもの三昧♪

この一週間は備前焼ギャラリー青山さんに寄り道ではじまりました!

エスプリザニモー兒嶋画廊さんで唐津
そのあしで友人Tさんと会い
4_423_2
銀座黒田陶苑さんで

原憲司さん個展

先生から熱い思いをたっぷり伺うことが出来
私たちふたりはググッ!と
引き込まれてしまいました~

18_423 19_423 

そして次には器仲間と埼玉でワイワイ盛り上がり、
翌日は実家父の運転手で横浜骨董市に出かけました。

土曜日、待ちに待った<森本良信さん個展です。ヴィオラさんと表参道へ~
開店前から並んでいるやきもの愛好家の皆々様に埋もれてギャラリーへ!
ん~この瞬間の出会いがたまらなく好きです。
ねっとりした土味は存在感があり、ひとつひとつの作品が語りかけてきます。

夜ゆっくりと地酒・鯵ヶ澤を呑みながら振り返ると
ー備前焼ギャラリー青山さんで終わった一週間でした♪ー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/22

すくすくと・・

育っている器です。
19_418 
1_418 京都 志野
粟生屋 中村東洸
さん

形からすると灰器のようですが
こうやって我が家では
お漬物鉢で育ててます~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/04/21

幸運な2枚

しっかりと焼きこんで生まれた朝鮮唐津。
炎を受け止めて、とても見事なできばえですーー!

8_421

12_421 特別に分けてもらいました♪
なので、
我が家にとって幸運を呼ぶ作品です。

ほんとは土に返るはずなのに。。
そんな2枚の運を大切にしたいな~

穴子白焼 葉山葵添え

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/20

入船~出船~?

私には出船に見えます~
って、そう見えるのは朝出かけるからかしら。

11_420
九谷 中尾万作さん 舟形組皿

こういう器ってどう使えば良いのかしら~
15_420
ボケボケの画像で失礼します。。

軽くワインどきのありあわせの
パンにチーズ
オリーヴオイルをたっぷりと♪



夜は入船に見えますね~☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/19

すっぴん美人

いくつかあるミート皿のなかから~

14_419
備前 8寸たたき皿 柴岡信義さん

陶心庵さんの私物を分けていただきました。
「2枚しか無いのよ~」とニコニコ笑いながら出してくださいました。
ーありがたいですー

仕事の帰りによく寄ってた陶心庵さん。
閉店してからは寂しくて。。なんとなくお店があった近辺への足が遠のきます。
こちらのお皿をはじめとして、我が家は陶心庵さんがたくさんつまってます!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/04/18

旅のお供に

63_418
旅行のとき…

このノートを持って行きます

67_418_1 64_418



66_418 65_418

器の写真が貼ってあります。でも、まだ途中です。。
お会いできた作家先生にサインもらっちゃったりして~♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/04/17

備前に呼ばれて~

昨日届いた備前焼ギャラリー青山さんからの展覧会のお知らせ~♪
今週土曜日から開催されます<
森本良信さん>の個展です。

14_417
先日、お店のかたが岡山に行かれた、そのお話もたくさんうかがい、、、私の頭の中はずっと備前!!
自宅で、美味しくチョコを頂きながら昨夜はニヤニヤしてました。

5_3 こちらは備前焼ギャラリー青山さんの金重潤平さんの個展で購入した友人Tさんの湯のみです。
小柄な彼女にピッタリの手に収まるかたち~

とっても気に入っているので
今度は徳利を探すそうですよーー!

とても居心地のイイステキな空間で、ついつい長居しちゃうギャラリーです。ドンドン欲しいものがあります(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/16

器拝見*実家編

35_416
備前 柴岡信義さん 土瓶

実家父が陶心庵さんで購入したものです。とても大振りで迫力があります。
作りが丁寧なことろも父が気に入ったのだと思います。
孫のKが備前好きなのも購入原因かも~♪
Kの家は実家の隣です。なにかと遊びにきては実家父のお宝(?)を前にいろいろと父のウンチクを聞いたりしています。

ある日、私にも「どうしたらいい器ってわかるの?」と聞かれ、答えに困ったことがありました。
こんな叔母の短いモノサシをまだまだこれからのKには知らせたくなかったので。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/04/15

古いもの・・

31
古いものは形が楽しい~
 今の時代いったい何を盛ったらいいのかしら、っと考えてしまいます。
とっても、とっても小ぶりで浅い椀です、カワイイので見てるだけで楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/14

誘われて~★

この4月からオットの職場が新しくなり、お勉強が忙しい!
休みの日も山のような資料に埋もれてお勉強!
私はオットが家でお勉強の時はなるべく自分の仕事ででかけるようにしています。家で顔をあわせているのは好きではないので。。。
そんなオットから夜、銀座へ誘われま
7_413した~♪
10_413_1

手打ち蕎麦 成冨さん
こちらのお店は唐津の作家・
藤ノ木土平さんから教えてもらいました。
個展で購入したぐい呑をこの日持ち込んでデビューさせたかった、その気持ちをオットが気にしてくれてのお誘いでした。
ー私の絵唐津のぐい呑が筍の絵なので<筍の天ぷら>ー
成冨さんの器は唐津焼を使っています。
オットのぐい呑は岡本作礼さんの作品。お茶は中里隆さん。

器好きにはたまらなく、すべてがご馳走~♪のお店でした!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/13

ト・ク・ベ・ツ

先日、銀座黒田陶苑さんの個展で購入した藤ノ木土平さんのぐい呑みです。
初日をはずしてしまったので、ノンキに寄ったところ、、、藤ノ木先生とじっくりお話を伺えることになってしまいました!(ラッキー♪)
三階のお部屋でお茶を頂きながら。
さて、私としては初めての藤ノ木作品。4_413
まったくもってワカランチンで、もっぱら地酒、お花見、唐津の話題。(汗~!)
ステキな携帯用茶器セットを見せていただいたものの、ふたりっきりで写真を撮るわけにもいかず。。残念!
でも、とても記念に残る緊張感たっぷりの特別な時間を過ごせました~
6_413

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/04/12

丈夫が一番

27_412_5
28_412_3
普段の食卓で使っているワイングラスです。

Baccarat アルクール

重く安定感があるので安心して使えます。
多少酔っ払ってしまっても大丈夫です~?笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/11

器拝見*友人編

40_411
塚本治彦さん 織部土鍋

友人Tさんが陶心庵さん閉店ギリギリで購入を決めた作品です。
彼女は大の塚本ファン♪
造形の美が好きでドンドンと塚本作品を手に入れてます・・
この土鍋は小ぶりのもので1~2人用の湯豆腐にピッタリとか

いまだに湯豆腐でお呼ばれしていない私としては、今、ご主人といっしょにラブラブ♪アメリカに行っている彼女が帰国したら、ぜひご馳走してもらおうっと思ってます~~!うふふ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/10

<情報>

どんどん個展が続きます~

先日伺った
梶原靖元さん・兒嶋画廊さんで ~21日
11_410 9_410

38_410
そして21日~

丸田宗彦さん・しぶや黒田陶苑さんにて
22日~

森本良信さん・ギャラリー青山さんにて

5月には 塚本先生が池袋東武
6月には 自然坊先生がしぶや黒田陶苑

お金と体力を情熱が持つかしら。。。(汗)






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/09

母から教わったこと

この飯碗は頂いた作品です。
浅くおおらかな飯碗は向付けとして酢の物やおぼろ豆腐などに登場します。
昨夜は青大豆ご飯をもりました!

16_3
唐津 中川自然坊さん 刷毛目飯碗

ざっくりした自然坊さんの刷毛目はとても魅力があります。
小さいころ母から器の扱い方をキビシク言われてたので・・今でもこの刷毛目を使うときは慎重になります。
おぼろ豆腐で塩~
  酢の物でも酢のみ~
ガサツで大雑把な私の性格がなんとかここで止まっていられるのは、母様のおかげです。。はい♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/08

遊び心

19_48
器 はぎわらさんで購入

九谷 高橋芳宣さん 小向

ちょっとしたポイントになる小さい向付です。

実は昨日思い立って都内、個展めぐりしました~
今週は休みなく遊んでます♪
個展に行った先々で1時間もおしゃべりして、そのたびにドキドキ興奮気味
すっかりのぼせてしまいました。。ふぅ
早めに寝るつもりが、昨夜のTVで「古伊万里」の番組なんぞ見てしまったら
再興奮! 昨年行った唐津・伊万里の旅を思い出してしまいました。。ふぅ!

遊び心をフルに使ってしまった一週間です☆

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/04/07

器 はぎわら

九谷の人気作家の作品が揃っているギャラリーです。
ご自身の器好きが高じてはじめられたギャラリーなので、私たちが購入できる器より、彼女が普段使っている器がとにかくスバラシイ~

今週・飯碗特集でお邪魔しました。お昼も忘れて器話に盛り上がりました。

38_47_1
奥の小皿はひとつずつコツコツ
揃えました。
カワイイです~♪

40_47_1
右の網目の7寸皿はいずれ欲しいなぁ
おばあさんになったら朝食に使いたいと思ってます♪

39_47_1

左は大鉢たちです。
左下にある白瓷の大鉢は和にも洋にも
使えます。
中尾万作さんの新作ですって♪

http://www5d.biglobe.ne.jp/%7Eazumih/azumi/hagiwara/top.html
<来月は蕎麦猪口特集>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/06

思いが通じて~

8_46
かなり以前に買った雑誌・Pen

しぶや黒田陶苑さんが厳選した器たちがたくさん載っています。
そのころはしぶや黒田陶苑さんには行ったことがなく、
ただただ写真を見て記事を何度も読んで満足していました。

そして。。。

10_46
陶心庵さんで雑誌で見た同じ作品に出会いました♪


福西雅之さん 染付箸置・本
(横のムツゴロウ作品も出会っちゃいました♪)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/05

三十年以上の歴史

中学のころからのいっしょのN君が私を含めた美女3人を夜遊びに連れてってくれました~☆

17_45_1 26_45

18_45_2 20_45

21_45 22_45

29_45 30_45

32_45 33_45

N君の行きつけの<SAKE鏡花> 
いろんなお酒を頂き、呑んべいにピッタリの肴がたまらなく美味!美味!
6種類のお酒をたっぷり味わって・・
BARでも地酒を持ち込み、たくさんおしゃべりして学生の時みたいに大声で笑い、
そして歌って♪♪ 
気がついたら午前様。。

これからも、四十年、五十年ずっとずーーっとこんな夜を楽しみたいなぁ!
お友達に仲間に「感謝」


| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006/04/04

京志野の場合

15_43
京焼 粟生屋六世中村東洸さん 銘々皿揃

京都の鼠志野はお上品であまり食卓には登場しません。
以前に先生を囲んでお料理教室の集まりがあり参加させていただきました。
そのときは大きい器をふんだんに使って・・それはそれは豪華でした。

16_43
我が家ではちんまりとおはぎをのせました。
お行儀よくいっただきま~す!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/03

備前 茶器

手にスッポリと収まる、ひとり~ふたり用の宝瓶。
スッポリはいるのでなじめるんですが。。お湯の温度が高いとついついあっちっち!!

27_42_1
備前 大谷敬一郎さん 宝瓶

はじめはガサガサしていた焼き肌も使い込んでしっとり、つややかに育ってきました。

19_42
唐津 丸田宗彦さんの汲み出しと
合わせて、、
最近手に入れた小ぶりのお膳内

ところで、
なぜ宝瓶っていうのかしら~??
心豊かになるネーミングですよね♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/04/02

4月の味

39_42_1
「春のうららの隅田川~」

首都高速がらパチリ!
桜の季節、代官町と向島は見物渋滞
言問団子さんと長命寺桜餅さんは行列

先日の山菜採りは
33_42
左下の<はりぎり>
上はお取り寄せのたらのめ

下は<島ラッキョウ>
自然坊さん 朝鮮唐津竹皿

24_42

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/01

4月新年度

12_41
  Kが小3のころの陶心庵さん
あれから、4年経って
Kはこの4月から中学生か・・早いもんだなぁ!

。。まぁそんなことより、後ろに写っている織部に唐津の器たち
店内にあるたくさんの逸品に目移りしながら過ごせた日々はなんて贅沢だったのでしょう。
そんな思い出をこれからも増やせるように~この4月、いろいろ開催される個展に出かけますよ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »