« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

玄米スープのとき

<いのちを支えるスープ・辰巳芳子さん>のレシピから~
手をかけてじっくりと作るものだから、こんなカワイイ土瓶でいただきます♪

16_531
京都 高木岩華さん 赤絵土瓶

これから梅雨に入り、体調を崩しがち。
玄米スープは香ばしい旨味が身体を元気にします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/30

CICOUTEな日

パン好きの母と町田のCICOUTEに買出しに行きました!
私の住んでいるところは美味しいパン屋さんがたくさんあります。

でも、母はちょっと遠いCICOUTEが大好きです。

住宅街にあるお店はひっそりと目立たず、店内は一組しか入れません。
1_530_2 3_530_1

今回は早めに行ったので買えました!

のんびりできる休日はこんな朝食ですーしあわせー
37_530_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/29

夏バージョン♪

日曜日~昼から晴れて蒸し暑くなってきました。
実家から母が遊びにきたので、夜は酒宴♪

17_529

陸奥 八仙 夏吟醸 
弟好みで選んでもらった青森の地酒です。
旨味がありキレのいい吟醸です、ラベルも美しくって~(^^)

酒器も友人からいただいた小樽硝子で涼しげに・・・



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/28

唐津の思い出~♪♪♪

10_528 35_528

37_528 40_528

たっぷりと先生のお宅でやきもの三昧のあと、お食事に~(^^)
のぼせて移動の車中でひとりボーーっとしちゃいました。。

42_528 45_528


50_528 7_528



楽しい会話と川魚料理、先生のぐい呑みで頂くお酒~ハイテンションになる私・・・(^^)
陶心庵さんで取り寄せてもらった長皿と、この日選んだ長皿です。

9_528_1 2客で夫婦で使ってます!


しぶや黒田陶苑さん

食ノ器 6月9日~13日
茶陶  6月16日~20日



| | コメント (16) | トラックバック (1)

2006/05/27

唐津の思い出~♪♪

自然坊さんの作品は
朝鮮唐津、絵唐津、刷毛目、粉引、黒唐津、、、と、その中でTさんのイメージは黒唐津!
一緒に行ったヴィオラさんは刷毛目!

32_527 24_527

13_527 1_527


ヴィオラさんが最後まで考えて選んだ作品は刷毛目の角皿でした~
ご自宅で大切に上手に使ってらっしゃいます。(右下の画像)
先日はお蕎麦に使ったとニコニコ♪されてました。

さて、今年の自然坊さんの個展ではどの作品を選ぶのかなぁ・・?

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/26

唐津の思い出~♪

陶心庵さんに連れて行ってもらった唐津。
昨年の7月、お目当ては自然坊さん~!

7_526 9_526

こちらは一緒に行った友人Tさんがそのときに選んだ黒唐津です。
44_526
自然坊先生はいろいろ観光を計画してくださってましたが、
お昼に唐津に到着してからずーーっとお夕飯まで、先生のところで遊んでしまいました^^;

たしかTさんの初の自然坊作品は黒唐津の6寸皿揃えだったと思います。
スゴイの選ぶなぁ~っと思いました。

そして、昨年のこちらの黒唐津が今のところ最後です・・・さて、来月開催される先生の個展ではどんな作品を選ぶのかしら~~?



| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/05/25

楽しみにしてた日

ブログがきっかけで知り合うことが出来たこたままさんがはぎわらギャラリーさんに来ました~♪
私もとっても楽しみにしていた日です。

目を輝かせて器選びをさせているこたままさんにつられて・・私もお買い物(^^)
1_524_1
カワイイ小物たちです。
手持ちの重箱をお弁当箱風(蓋なし。。)で使うときにいいかしら?っと思いまして~

6_524_1

たくさんおしゃべりして、程よい満足感です。
でも・・次回はいつ・・?っという寂しい気分。
盛り上げるのに今夜は鰻です(笑)
蕪の小皿も使ってみました!
3_524_1

こたままさんからいただいちゃいました♪
お気遣い、ありがとうございます~

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/05/24

集合~♪

洋の器はほとんど持ってません。。
でも、カップ&ソーサーはいつのまにか集まってきました。
購入したもの、頂き物など 「集合~!」

1_524 2_524

3_524 4_524

5_524 6_524

7_524 8_524

9_524 10_524






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/23

ワン友

ご近所のワン友・ジャッキーちゃんのお家にランチ、呼んでいただきました~

10_523 P1010017

20_523 13_523



優しいお味の家庭料理に美人ママ似のジャッキーちゃんをパチリ!
午後から日差しも出てきて、ご自慢のお庭でおしゃべり・・

私の器好きも重症だけど、ジャッキーママのお庭作りもかなり~~(笑)

昨年に続き、今年も呼んでくださってありがとう~!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/05/22

<RANBARI>乱張

36_522
備前 原田拾六さん 陶板乱張皿 26.5㎝

44_522 備前焼ギャラリー青山さんで見せていただき購入しました。

ギャラリー青山さんはしょっちゅうお邪魔するお店です。
おしゃべりが楽しくって~
若くしっかりした店長さんが、これまた私好みのぐっとくる作品を見せてくれます。
とっても嬉しいのですが、半分は予想外で困ることも・・
今回も個展続きだったのでちょっと待ってもらいました。

21_522 拾六先生にお会いしたくて、5月9日からの三越での個展に行ってきました。
そこで先生からサインも頂いて~♪

こちらの作品は
実はまだ使ってません。。。
ドキドキしちゃって~
作品のことも
なんと表現したらよいのか。。。
舞い上がってて~

詳しいお話は備前焼ギャラリー青山さんで聞くのが一番かと・・・^^

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/05/21

和の器たち・・

あまりにも奥が深く、なかなか一筋縄ではいかないと気付くには遅すぎたかも。。
和の器にばかり興味がわき30年ちかく~
ただただ好き!見て、購入して過ごしてきたけど・・・
今頃になってキリなく奥が深い!!っと気付きました。(汗。。)

6_520
この京都・志野に自然坊さんの朝鮮唐津、磁器は九谷の小向で・・

4_521
この季節、
大好きなホヤ酢が酒肴に

7_521

陶心庵さんやオットはもっとしっかりした料理が合うという志野の器
たとえば~
黒豚の角煮の青菜添とか・・・
こちらを主役にして、さてどんな器あわせが出来るかしら?

まだまだ和の器の入り口付近でウロウロしている私です^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/20

陶心庵時代 Ⅶ

なかなか購入することが出来なかった作品です。

陶心庵さんが出してくださった逸品!

38_520_1
京都 粟生屋中村東洸さん 志野向付

陶心庵さんに「大丈夫よ~ずーーっと取っておいてあげるから。一生懸命働いていらっしゃい!」と言われ。
そんな、嬉しいお言葉に励まされ、半分甘えて・・・一年以上もお取り置きしてしまったのです。
お支払いするとき「お仕事でがんばったお金が皆、器にきてしまって、、、有難いわあ~」と両手を合わされて。私のほうがワガママを聞いて下さって感謝なのに・・・

ー陶心庵さんの思い出はまだまだ尽きませんー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/19

赤玉たち

7_519 待って~!って
 後ろから声をかけて・・

6_519

ふたりでおしゃべりが弾んでます♪

九谷 須田菁華さん 徳利

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/05/18

まずは大皿から…

食事のときの器選びは、だいたいが大きいものを最初に決めます。
大皿・大鉢を使わない、そんなときはメインの器が先です。

今回はこちらを選んでみました!
14_518

備前 竹中健次さん 伊部丸皿 九寸

16_518_1
天ぷらと蕎麦なので、
いつもの折敷は使わずに・・

クロスをつかってます。

蕎麦猪口と
頂いたお手製の豆皿
17_518


こちらのお膳はギャラリーはぎわらさんで購入!
お茶&御菓子でも使える良いサイズです。

普通の天ぷらとお蕎麦でも、器あわせを楽しめるって幸せ~♪




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/17

サラリーマン川柳、そのまんま

サラリーマン川柳コンクール、人気投票第一位
ー昼食は妻がセレブで・・・・-  の美味しいお昼を過ごさせていただきました♪

3_517 4_517

器合わせが絶妙に気持ちイイ~♪
栗のコンポートを中心に大きめの備前のたたき皿をお取り皿にして、
そしてどれもこれもステキな器たち!

ブログで拝見している「Azumi流」の中にすっぽり入り込んだひとときでした♪

6_517
たくさんおしゃべりして

お櫃も見せていただき、、、


ほんとにセレブな時を楽しめました♪

あずみさん、ありがとう~



       

| | コメント (12) | トラックバック (4)

2006/05/16

今春の酒宴

9_516_1 今回の東武での塚本先生の個展の終わる前日、
先生に時間を作ってもらいました~♪

で、酒宴!
といっても、今回はイタリアン!

表参道 ナプレ

いろいろおしゃべりして、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
次回は秋の鎌倉か~それとも先生の土岐市にお邪魔しちゃおうかしら~?

しっかりノートにサイン頂きました♪
20_516

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/15

昨秋の酒宴

昨年、9月陶彩さんで開催された塚本先生の個展
そこで見つけた、しょうゆ差し
58_515
2_515
そして~
先生を囲んで我が家で酒宴

まだまだ持っている作品が少ない中
がんばって<塚本織部尽くし>でおもてなし♪
・・・尽くしにするのがタイヘン・・・

先生も札幌の個展を終え、陶彩さんに来て
そして我が家へ!

まぁ、呑んだ!呑んだ!呑んだ~ぁ!
塚本先生の酒豪にはびーーーっくり! 
全然、へっちゃらのお姿にいつもの優しい静かな先生から生まれる造形のパワーを感じました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/05/14

勘違い!

地酒が大好きな男友達が「杜氏の農口さんが菊姫から移ったんだけど・・」
地酒を毎晩のように呑んでいる私は「へぇ~どこに?」
男友達「常きげんだよ!」
私「よく呑むよ、上喜元!美味しいよね、すっきりしてて・・」

先日、銀座黒田陶苑さんの奥様(いつもお着物で笑顔がステキです♪)から
横須賀の酒屋さんをご紹介いただきました。


数ある中から、米~ってカンジのしっかりした地酒を選んでもらいましたら。。こちらです。
23_514
常きげん 石川・加賀 杜氏農口さん

同じ名前のお酒があったとは・・えらい勘違いでしたーー!

銀座の黒田陶苑さんが私を見て、酒屋さんを紹介してくれたのも偶然です。
そして、酒屋さんで常きげんを勧めてくださったのにも驚きです。

<常きげん>も山形の<上喜元>もどちらも美味しいですよ~☆




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/13

Staub ストウブ

22_513_1
Staub オーバルシチューパン 黒マット 27cm

25_513_1
オーバルが欲しくって購入~♪

金目鯛の煮付

お豆腐も葱もウマウマ!!

だ、だ、だけど、、、
目玉が出ちゃって、画像がまずいわ><

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/12

<わん>なんですが~??

京都 滝口和男さん 麦藁手吸物碗
24_512
滝口和男
さんは新婚のころ行った京都のギャラリーがきっかけで使うようになりました。

ただ、こちらの組碗は何に使うのが本来の姿なのか・・わかりませんでした。
先週行った鎌倉のギャラリーで同じ作品(無地でしたが)を偶然に発見!!
女の店主さんにお聞きしたところ、吸物碗と教えてもらいました。

で、<わん>なんですが
漆器などは<椀> 陶磁器は<碗>と思ってました。
ところが、先日備前焼の末廣さんの個展では<垸>でした。
先生にお聞きしましたら、備前は<石>ではなく<土>だからと丁寧に答えてくださいました。
ほぉ~へぇ~っとお勉強になりました(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/11

青・・・だった!

唐津 丸田宗彦さん 青唐津擂鉢向付
47_511
以前から・・3~4年前から欲しかったこちらの作品
最初の出会いは陶心庵、そして近所にオープンした器屋さん、昨年は埼玉・ふじさきさんで見つけたんです。

そのたびに購入するタイミングが合わずに逃してました。
今年4月に思い叶って、再訪したふじさきさんで購入できました♪

ところが、そんなに欲しかった器で何度も見てきたのに・・
ずーっと黒唐津だと思ってたんです。やだわぁーー!箱書みたら青唐津でした(爆)

19_511 16_511



6寸と使い易く、折敷でもバッチリ~
片口になってます。たっぷりと釉薬がかかってて味わいがあります。
メインのお皿がこういう色だと器合わせが楽チンです。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006/05/10

唐津のぐい呑み

昨年、個展で購入したぐい呑みです。しぶや黒田陶苑さんにて・・

唐津 中川自然坊さん 唐津盃
13_510

14_510 17_510

手取りが優しく、心落ち着いてお酒がいただけます♪

今年は
<しぶや黒田陶苑 個展20回記念>で2週間開催されるそうです。
先日、先生とお話しましたらお元気にはりきってらっしゃいました♪ -楽しみー

22_510 23_510



昨日の瑠璃色の画像を追加してみました・・ん~~^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/09

ふたつの山瀬♪

<ペア酒呑> 唐津 山瀬盃
26_59


同じ作家さんで同じ山瀬の土で作った酒呑。
頂いたときに、たしか焼き時間が違うと聞いたと思うんですが・・・^^;

20_59 21_59

24_59 25_59

記憶があいまいな上に、写真もボケボケで~パッとしません。

我が家では夫婦でよく使っている小ぶりの酒呑です♪ー仲良くねー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/08

夢の中で~☆

とっても気に入っている俎板皿♪
最近、チーズをのせたり・・・和菓子で使ったり・・・

ところが、見てのとおりとても粗くザックリした土肌です。

10_58

備前 俎板皿

13×10cm

8_58

まずお水に浸けて、しっとり馴染んでから使ってます。
で、、、
<な・な・なんと 溶けてしまったんです?!> そんな夢、みちゃったんです^^;

12_58
GW中の塚本先生の個展で盛り上がった夜の夢です~まぁ、自分でも呆れてしまって!

さぁ、今日から日常の日々が始まりまするぅぅ~~♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/05/07

ちょこっと鎌倉・・

いつも便利に使っている小向です。
16_57 20_57

昨日、鎌倉まで父の車のエンジンを回すためにドライブ~
せっかく行ったので、
お気に入りの器屋さんへ行って、新しくやきもの屋さんもみつけて~♪
(お昼も食べず、お茶もせず^^;)

25_57

あるお店で、この小向のサイズ違いが沢山ありました!
大鉢、中鉢、大皿、小向、、、、などなど!

九谷 高橋芳宣さん 色絵渦文

こちらの器は春~初夏にかけて流れるような渦が心地よい♪

道もすいてて、お腹は空いたけど収穫のあったドライブでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/06

大正解~♪

5月4日、初日に伺った塚本治彦さんの個展。
開店を待ってたら先生に声をかけてもらい、いっしょにエスカレーターで6階美術画廊へ~
ドキドキ♪
広い会場を見渡すと、たくさんの作品で気分はもうサイコー!
2~3作品いいなぁっと思ってたところ、友人Tさんにアドバイスをもらい・・・♪

こちらにしましたーー!
18_55_1
TT

Tさんは大の塚本ファンです。先生らしい作品をいつも上手に選びます。
この向付はサイズがバッチリで折敷にのせてもイイカンジ~大正解でした♪

16_55_2
我が家に新しいものがくると、必ずチェックにくるワンです(^^)
                   オットより鋭い(^^;)
22_55

早速~
こんなカンジで毎晩食卓に登場しています。

サラダにスープにデザートに♪

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/05

端午の節句

~といっても
16_55

柏餅を頂いて、菖蒲湯につかり。。
最近は鯉のぼりのほかに、鰹のぼり・鮪のぼりもあるとか?・・まさか・・・!

さておいて、
昨日はお待ちかね、
塚本治彦作陶展でした♪
1_55

いつものメンバー3人と
開店と同時に行きました♪

会場でこたままさんとも
お会いすることが出来まして~!


こたままさんは器日々を開設した初日に書き込みに来てくださった方です。

こたままさんのお母様と私の誕生日がいっしょなんですよ。
そして、なんと偶然にもこたままさんのお名前が私の母と同じです(びっくり~!)
~ご縁を感じます~

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006/05/04

器拝見*友人編

27_54
京都 加藤雲泉さん 八角皿揃

Tさんの器です。
サイズは7寸で高台に高さがあります。
雲泉さんは比較的、冷たいすました京焼の中でも
暖かい、カワイイ作品が多いです。

陶心庵さんいち押しの作品でした!

28_54
Tさんはこの角の黄と緑が気に入った様子でした。

Tさんと私はいっしょに出かけることが多いのですが、まったく好みが違います。
この八角皿も凄くイイのですが、私には使いこなせません。
彼女の器選びが私には新鮮でとっても刺激になります!-楽しいですよー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/03

中華には・・

私の勝手な言い分ですが、、
中華料理は磁器がいいかな~っと思います。

3_53


2_53

京都 北村賀善さん 8寸

深さが5cmです。
無造作に中華の炒め物をドンと盛ってしまうには最適のお皿です。
磁器の冷たいカンジはありますが、その反面、清潔感もあります。

盛り付けが苦手な私としては磁器のほうが少しは美味しく見えるかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/02

陶心庵時代 Ⅵ

昨日に引き続き、塚本先生の作品です!
といっても私のものではなく、陶心庵さんの店内です。

10_52_1 11_52_1



器が好きで陶心庵さんが大好きな方達のところにお嫁入りした塚本作品~

12_52 13_52



どこへ行かなくても、希望通りの焼き物が揃いました。
今となって、陶心庵さんの言われてたアドバイスが頷けることも沢山あります。

塚本先生の個展を前に、勝手に盛り上がってます~(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/01

存在感!

小ぶりの向付けですが、バリバリ主張してます~

25_51
35_51

織部 塚本治彦さん 小向揃

先生から頂いた美濃のお菓子
  <栗きん糖>

昨年お邪魔した先生の新居&ギャラリーも完成したとのこと
今年も是非、行きたいなぁ~

まずは今月都内で開催される個展を楽しみにしています♪




| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »