« 陶心庵時代 Ⅶ | トップページ | <RANBARI>乱張 »

2006/05/21

和の器たち・・

あまりにも奥が深く、なかなか一筋縄ではいかないと気付くには遅すぎたかも。。
和の器にばかり興味がわき30年ちかく~
ただただ好き!見て、購入して過ごしてきたけど・・・
今頃になってキリなく奥が深い!!っと気付きました。(汗。。)

6_520
この京都・志野に自然坊さんの朝鮮唐津、磁器は九谷の小向で・・

4_521
この季節、
大好きなホヤ酢が酒肴に

7_521

陶心庵さんやオットはもっとしっかりした料理が合うという志野の器
たとえば~
黒豚の角煮の青菜添とか・・・
こちらを主役にして、さてどんな器あわせが出来るかしら?

まだまだ和の器の入り口付近でウロウロしている私です^^;

|

« 陶心庵時代 Ⅶ | トップページ | <RANBARI>乱張 »

コメント

おはよう~
この志野は実際よりも大きく薄く、
白くすべやかに写ってるわね~
私の記憶が曖昧かな・・・

投稿: viola | 2006/05/21 07:59

おはようございます。
自然坊さんの朝鮮唐津と志野の器
あいますね 朝鮮唐津の方はなんの御馳走だったのでしょう♪
ホヤ そういえば・・・一度も買ったことないです。美味しいですか?どんなお味なんだろう~? 


投稿: こたまま | 2006/05/21 08:33

ヴィオラさん、こんにちは♪
気持ちイイお天気です~

この向付、外径5寸で内径が11cmです。
メインに使うには内径が小さく、サイドで使うには外径が大きいので・・使いこなすにはまだまだ修行がたりません^^;
作品自身は鎌倉の某お店のよりは上物ですよ~^^

投稿: ミミット | 2006/05/21 11:06

こたままさん、こんにちは~~
この朝鮮唐津には漬け魚の切り身です。
ホヤは呑んべいの我が家ではこの季節、結構食卓に登場します。(独特のホヤならではのお味でございます。。)
小皿には子メロンのお漬け物でした。
美味しいものが出回っている季節、今夜は何にしようかしら?

投稿: ミミット | 2006/05/21 11:15

こんにちは。
今日はこちらもいい天気です!
自然坊さんの朝鮮唐津いいですね。
私持ってないんですよ~。
ウチの食卓は器の話が出ることがないので器合わせはほとんど自己満足になってます(笑)
たまには誰か触れてよ~っ(笑)

投稿: kunikuni | 2006/05/21 12:20

kunikuniさん、こんにちは!
やっと晴れました~朝から働いてます(笑)
自然坊さんの朝鮮唐津、痺れますよ♪
いろいろな唐津の作家さんがいらっしゃいますけど、自然坊さんのって強烈!です。考えずにためらい無く心に入ってくる、そんなインパクトある作品です。先生そのもですね^^

投稿: ミミット | 2006/05/21 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/1872822

この記事へのトラックバック一覧です: 和の器たち・・:

« 陶心庵時代 Ⅶ | トップページ | <RANBARI>乱張 »