« 和倉にどっぷり | トップページ | 山代の夜 »

2008/02/21

2日目は…雪模様。。

和倉温泉での朝

Img_9319


気温も低く、雪模様。。

朝ゆっくり温泉spaに浸かり、しっかり食事をして9:00すぎには出発ですcar=3

Img_9316

あまり写真は撮れませんでしたが、この日まわったのは…

輪島の朝市 → 輪島屋善仁 塗師(ぬし)の家 → 輪島屋本店 → 塩安工房 → 総持寺祖院 

お昼を総持寺でお蕎麦を頂いてから、雪道を海沿いドライブ! 
タクシードライバーの方のガイドが楽しく、飽きません。快適でしたscissors
向かった先は山代温泉~

お宿の前に私はお目当てのこちらへ直行でっすlovely

Img_9371 Img_9372

九谷焼窯元 須田菁華

今回はどうしても飯茶碗が欲しくって。 
オットとふたりであーでもない、これもいいねぇ、おそろいで2客にしましょうか?どうする?染付けよりやっぱり色絵だよね!
…っとたっぷり楽しく悩みましたnote

正直いうと2時間でも3時間でもいたかった..

|

« 和倉にどっぷり | トップページ | 山代の夜 »

コメント

おはようございます。
和倉温泉に行かれたのね。
お泊りはあの有名な加賀屋ですか!
リッチ~
それにやはり器へのお買い物も忘れずに。
こうして楽しいたびはやはり個人旅行だからですよね。
昨年お正月に私もこちらの和倉温泉行ったけどツアー旅行だったから加賀屋じゃなかったし、素敵な器のお店にも連れて行ってもらってないもの。観光客をもてなすようなお店ばかりだったわ(涙)

投稿: yoko | 2008/02/22 08:55

雪の金沢もまたステキね~♪
須田菁華さんのところにもっといたかった?
そうでしょうそうでしょう。
時間なんて忘れちゃうわよね。(笑)
ミミットさんが満面の笑みで街を歩く姿が
想像出来て、私までルンルンしちゃいました。
今回のお宝早く見せてね~~~

投稿: matoi | 2008/02/22 11:37

こんばんは!
↑菁華さんでのお宝私も、早く見た~いheart04
こちらに、無い数多くのお宝いっぱいあるんだろうなぁ~
行きたくなりましたsmile
いつか!一緒に連れてってねlovely

投稿: こたまま | 2008/02/22 19:55

yokoさん、こんばんは~moon3

今回の旅行は両親もいっしょだったので、ちょっとリッチなツアーを選びました。
雪の時期なので足元も心配だったし移動も段取りが難しそうだったので観光タクシーのツアーなんですよ。
お宿も父の希望で加賀屋さんをセレクトしたんです。

おかげで楽チンでした。
(普段ならこんな旅行は行けないです。。)
器やさんはあまり調べてなかったので、山代温泉の須田菁華さんだけは行こうって決めてました。だってこちらではあまり作品を見る機会がないので、ね^^
次回は暖かい気候のころゆっくり器めぐりしたいと思ってますよ~yokoさん、その時はゼヒ金沢でおちあいませんか?

投稿: ミミット | 2008/02/22 20:37

matoiさん、こんばんはchick

大雪っという予報だったので、羽田からダウンのロングコートにスノーブーツで出かけました、が、まぁ思ったより豪雪ではなくってホッとしました。雪景色を楽しみながらベテランドライバーさんにお任せでdash

菁華さん、よござんしたよ~♪~♪
ただ、ほとんどがお見本だったので、今回は飯茶碗と豆皿を注文しました。6ヶ月くらい先に届けてくださるとのことscissors
楽しみにゆっくり待つことにしました。
matoiさんは12月に行かれましたよね~やはりこちらは蟹の時期がイイのでしょうね。

投稿: ミミット | 2008/02/22 20:49

こたままさん、こんばんはcat

よかったよ~菁華さんheart01
行こうね!いつになっても良いからね、必ず~ねheart04
広い店内なんですが、ほとんどがお見本で何枚も重ねておいてあるので、まぁ一枚一枚見るのに時間がかかるんです^^
じっくり一点ずつ見て、頭にインプットして、それが又楽しいんだわねcoldsweats01
ほとんど記憶してきましたよ。。?なんちゃってねーー(爆)
実物なあんなにたくさん見れないから、貴重な体験でした。

投稿: ミミット | 2008/02/22 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/10663658

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目は…雪模様。。:

« 和倉にどっぷり | トップページ | 山代の夜 »