« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/23

夏の贈り物

うほっほーーっlovely

毎年、桃~葡萄 とお世話になっている山梨の果樹園さんから
第一弾の桃が到着しましたheart04

Img_3232

暑い中、出かけた後に冷した桃は格別ですsign03

Img_3238
備前 和仁栄幸さん 向付六人

先日しぶや黒田陶苑さんの個展で手に入れた逸品です。
和仁先生の器はキリリっと硬く、それでいて軽く、薄めです。
<夏の備前>という印象heart
今回選んだ器は特に形が気に入りました~note
おおらかでたわんでて、ひとつづつに雰囲気があります。

大きい料理を少量、少ないおかずをタップリと盛れる、そんな楽しい器ですgood

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008/07/22

夏の食材

徳島の友人からスダチが届きましたsign03

「徳島の夏を味わって下さーいsun」 …と

Img_3239

備前の7.5寸皿は
いつも画像が素晴しく、憧れているこちらのギャラリーさんで以前購入した高力芳照さんのものです。

Img_3243

中尾万作さんの舟型の器にスダチのスライスに胡椒を利かせたカプレーゼ

Img_3245

パンは柴田芳一さんの栗拭き漆銘々皿

久々のワイン、冷した白はノド越しもよくススミマ~スdelicious

今欲しい器は和の食卓に合うガラスもんです。
今月はお買い物過ぎたので、月が明けたら探しにでかけようと計画中ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

暑くても!

日中、sunsunsun出かけて 疲れ気味down

エコと運動不足を考えて、出かけるのはshoesubway
帰りはsubway車両故障で遠回りしてsweat01sweat01

そんな訳でお夕飯はカンタンでしたcoldsweats01

Img_3226

トマトスープは福西雅之先生の丼のおかげで豪華なカンジshineshine

セッティングは
丸田宗彦先生の青唐津
   金重潤平先生の備前皿

もちろ~ん、呑みましたよsign03

Img_3223

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/20

梅雨明け♪

昨日、ブログのお仲間からお誘いを受けて近場の骨董市へ出かけましたshoe

早朝だったので、暑さ対策もテキトーだったのですが、猛烈にいいお天気sun
そう、梅雨明けですsign03

帰ってから
大根を午後のカンカン照りに干してから
甕から梅酢をすくって漬け込みました~~delicious

Img_3206

短いちょっとの時間ですが、干した大根は甘味が増して梅酢に水分もあまり出ずに締まったお味でイケマスscissors

Img_3215

涼しげに吹き墨の器で

お茶うけにピッタリの色鮮やかなお漬物が出来ましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/17

新入り~♪

昨日で終ってしまった福西雅之先生の個展

大好きな染付けなので、どうしても欲しい気持ちが抑えられませんlovely

こちらが6寸皿と一緒に選んだ器です。

Img_3193
福西雅之さん 小丼

Img_3196

染付けでは持っていない形、大きさ、です。

13×7.5cm

Img_3198

こういう大きさって骨董ではよくあるものなのでしょうか・・?

大きめでふっくらとした形、深さもあり、煮物や汁物、・飯ものに使える万能な器のような予感がしますwink
絵付けも見事で普段のおかずがオシャレになりそうですheart04
土ものと合わせて使ってみま~すflair

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/16

かけ流しの旅

三日間の温泉spa三昧

一泊目は塩原温泉
画像はありませんが、毎分ドラム缶3本が沸き出でる名湯です。
320段もある階段を降りての先には自噴している露天風呂happy01が見事ですsign03

二泊目は
ドライブrvcardashの途中でランチを楽しんで ↓

Img_3159

奥那須へ

Img_3170_2

Img_3172
源泉掛け流しの湯が流れる川の湯

夕に晩に朝に、っと何度も湯に浸かるごとに身体が軽く、元気が湧くのが実感できる名湯ですup

心も身体もリフレッシュしてきましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/07/12

福西雅之作品

伝統的な古染付の雰囲気をたっぷりと残しながら
  さらっと気軽に使えるカジュアルな器を選びました~happy01

Img_3154
福西雅之さん 六寸皿

画像では表せない、高台からの立ち上がり、絵違い、裏側の絵付けなどとっても品がありステキですlovely

Img_3155

昨日の食事では豚の味噌漬けを盛りました~delicious

Img_3151

この六寸皿はきっと輪島の真塗りの折敷が合うので、
この次はもっとかっこよくセッティングしたいなぁcoldsweats01

地酒は<山形・上喜元の酒和地> シュワッチっと読むらしいwobbly
オフザケ?っと思って一口呑んだ瞬間、うまぁ~いgood 爽やかぁ~scissors
弟が選んで贈ってくれた地酒、ん~参りましたupup

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/11

福西雅之作陶展

Img_3137

渋谷 炎色野さんから頂いた葉書を見て、もうlovely状態でした。
待望んでいた作陶展に行ってきましたrun

長時間お邪魔して、なんとか選んだ器。
あれもこれも~っと悩んでしまって、欲しい病の発作でもうタイヘンでしたsweat01sweat01

Img_3138

疲れた脳みそに、先生から頂いたおまんじゅうの甘さが染み渡りますねdelicious

早速、新着の器たち、使ってみますsign01

<福西雅之 作陶展> 7月16日までです。
      福西先生は終日いらっしゃるとのことです~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/10

器拝見*友人編

友人Tさんが器はぎわらさんで選んだ逸品

Img_3088
九谷 高橋芳宣さん 珈琲碗

とってもいい作品ですlovely
生地の質もよく、丁寧に作られていて・・
なかなかこれほどのものは今までは見つけることが出来ませんでした。
Tさんは和の器でのカップ&ソーサーを探していたので、バッチリですscissors

Img_3084 Img_3083


京都の雲泉さんの深小向に冷茶


万作さんのお鉢で葛きり

っと器を楽しみながらオシャベリは尽きませんねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/09

須賀文子展

Img_3109

カンパニュールさんに行ってきましたrvcar  

須賀文子さんの作品に興味があったのと、その日は流山方面に用事があったので・・
ワザワザという訳でもなく~note

お目当ては染付けだったのですが、やはり初日に行かないと。。

今回選んだ器たちです。 数が揃わなかったのがザンネンですが ↓

Img_3113

洗ったら、さぁーーっと貫入がはいり、使い込む楽しさが今からワクワク想像させられますheart02

Img_3121

こちらは
小さい猪口ですsign01 渋いっsign03

22歳の作家さん、毎年こちらで個展をされる予定だそうです。

一年間、しっかり使って育てたい器ですね、そして次回は先生にお会いしたいなぁ~flair

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/05

伊豆の友人宅

以前から誘われてた友人宅にやっと行くことが出来ましたrvcardash

伊豆は近いので気軽に行けるはずなのに、
皆、バリバリ仕事を持っているメンバーなので友人たちと日程を合わすのが一苦労sign02

50代で一線からリタイアした友人ご夫婦が選んだ伊豆での優雅な暮らし。

Img_3064

午後に到着して、手入れの行き届いたお庭を眺めながらデッキで一服note

大きな岩風呂spaで順番に温泉三昧note

Img_3067_2

ひろ~い邸宅はまるで高級なお宿のようlovely

もちろん全員呑むのは大好きheart04
Img_3072
麦酒に焼酎にワインに地酒・・・・・・

8時間ほど呑んでも、だれも酔った様子もなく、heart02
フカフカのお布団に入っても会話は続きます~~~sleepy

翌朝は
ご主人が作ってくださった焼き立てのbreadの香りで目覚め、朝風呂に浸かり、cafeをお替りしながら地元ならではの情報を沢山教えてもらて大満足scissors

Img_3078

こんな近い伊豆のことでも、まだまだ知らないことがたっくさんあるのに感動しました。

次回は秋~note ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/03

ねばねば!うまうま!

久々のノンアルコールDay

Img_3051

vege dainingさんからのレシピで作った<ねばねばゴーやうどん>

どーーんっと盛ろうかとおもったけど、ぴったりの器がないので
備前のお鉢で一人前を用意して
備前の大きめの飯碗につけタレsign01 レシピのお醤油に+めんつゆ、すりゴマも足しましたwink

Img_3049

付け合わせは
シシトウとパプリカ、蒟蒻、ちくわのピリっと辛い炒り煮

とっても美味しくってぺロッと黙々と食べちゃいましたscissors
おかげで今朝の目覚めも快調ですhappy01
   今夜からまた呑みます!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/02

塚本治彦先生でお茶時間

昨日も一日家で仕事。
書類の整理、pcに入力、telephonefaxto

仕事に飽きて、ちょっとお菓子でも作っちゃおうかなwink

Img_3044

両親が東北へ出かけたときに買ってきてもらった和胡桃を使って焼いてみましたsign01

沈みそうな胡桃がギリギリ中ほどで止まったカンジcoldsweats01

お味はなかなかgood

30461
↑ ←

織部 塚本治彦さん

ワインカップでアイス珈琲

かまくら陶芯さんで7月6日まで
「塚本治彦展」開催していますrun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/01

梅仕事

昨年初めて作った梅干し・・なかなか病みつきになる美味しさ~delicious

私の腕がいいのではなく、梅の質がバツグンにupup

で、今年も思い切って梅を作っている友人にtelephone
「元気?忙しい?あのさぁーー、梅、去年貰ったけどとっても美味しくって…」
   flair
そしたら
直ぐに送ってくれました~happy01

Img_3028
15キロ
…足りなかったらまた送りますよ~  っとlovelygood

こんな沢山の梅に囲まれて、梅の香りが部屋中に充満note
早速
灰汁抜き、乾燥、塩漬けっと・・・梅仕事に没頭した数日note

梅仕事の合間の一服は
   備前の豆皿に唐津の深向

Img_3041

Img_3019 唐津 中川自然坊さん
   絵唐津深向六人


備前 星正幸さん
      手塩皿揃

自然坊先生の深向は大振りでたっぷり入ります。
水分をたくさん摂るワタシ的にはバッチリなサイズです。
丸い胴から口周りは角い形なのに飲みやすいです。
いつも驚かされる自然坊先生の食器。使い勝手が最高ですscissors 持ちやすいし扱い易い、安心して使えますheart04
先生は「特に意識していないんだけどなぁ~」っと笑ってらっしゃったけどhappy01

自然坊先生の酒器も大きな鉢、大皿も大好きだけど、揃えの器たちもまだまだ欲しいなぁshineshineshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »