« 東日本大震災 | トップページ | 今朝のき・も・ち »

2011/03/18

母のふるさと

母は牡鹿半島が実家です。

2月に母の兄の葬儀があり、母や母の兄弟は何年かぶりで牡鹿半島に戻りました。

今は牡鹿半島の実家には義姉がひとりで暮らしていて、そのひとり息子は仙台で家庭を持って生活しています。

衛星のぼやけた画像では母の実家の屋敷や蔵の跡は無く、とても心配はしていました。…が、
先ほど無事に避難している!!と仙台の息子から連絡がまわってきました。

葬儀の際にお世話になった町の人たち何人かは無事だったと聞き、母は少し安心しているようです。

そう。。これからの生活が非常に大変だとも言ってました。


東北地方では最大級の想定外の災害に見舞われ、
遠く離れた私でさえ連日の余震や原発のニュースで心が痛み、気が滅入ります。

今私が住んでいるところは家があって水道も電気もガスも食料もあるのにガソリンが無いとか灯油が売切れそうとか計画停電になるかなぁ?と不自由さが話題になってます。

    不自由さの桁、違いますよね?
    不安な気持ちのものさしが全くちがいますよね??

とかく我が身のことばかり考えてしまいがちです。

大きなことや多くは出来なくても「今やるべきこと」を精一杯やって行こうと思います。

母のふるさとのこと、ご心配いただきました皆さまにご報告させていただき、
そしてひとりでも多くのご不明の方がご無事でありますように願ってます。

|

« 東日本大震災 | トップページ | 今朝のき・も・ち »

コメント

お母様のご心労、お察しします。
本当に、あっという間に故郷の町並みが消えていく・・・
そこに住んでいない人ですら苦しいのに、ましてや・・・と思います。

私の仕事関係の方々からも、昨日やっとご連絡いだき、無事が確認されました。地震当日の朝、沿岸の町からたくさんの海産物をお土産に持参してくださり、そこから連絡がとれなくなっていた方々です。会社建物は流されてしまったけれど、助かってよかった・・・その言葉しかありませんでした。

復旧にはどれほどの時間がかかるのか、私には全くわかりません。
でも、祈り、力をあわせていきたいですね。

投稿: tomekko | 2011/03/23 10:24

clubtomekkoさん、本当にあっという間に町が消えてしまいました。。

半島なのでまだまだ支援物資が届かずにお山の助かったお宅の食料を分けてもらい皆で頂いているらしいです。

昔、昔、祖父が高台の自分の土地を寄付して建てた小学校が今回の津波で多くの住人を助けたみたいなの。
母は「人はその時その時に出来ることをしておくといい事が巡ってくるのよね」と、ホッとした表情で話しています。

そこの小学校は廃校になっているので、きっとグランドに仮設住宅が建つのかなぁと思ってますsign01

復旧には時間と気力が要りますね…一緒に頑張りたいと思ってますup

投稿: ミミット | 2011/03/24 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/39276820

この記事へのトラックバック一覧です: 母のふるさと:

« 東日本大震災 | トップページ | 今朝のき・も・ち »