« 修善寺 あさば泊・・ | トップページ | 修善寺の朝は~ »

2013/03/16

あさばの夕食


P1070310
地酒は黒龍にして、一品目は

 ・ 竹の子菜のり揚げ

 ・ 空豆すり流し

P1070311
筒向うの使い方、拭き漆の銘々盆のざっくり感・・お勉強になりますnote

 ・ 弥生 盛肴

P10703141
 4名を用意してくださった後に銘々に盛ってくれますが、この時は漆器を使ってます。

白魚の桜葉蒸し、猪肉のスモーク、胡麻豆腐の木の芽味噌和え

P10703151
鮑も柔らかく、金時人参がイチバン美味しかった~heart

P1070316 銀製の鍋で登場の

 ・ 田芹 わらび うど 太刀魚吸鍋

田芹の香りと太刀魚のふんわりが春のお料理ですsign01

P1070317
 ・ 平目、あおりいか造り

P1070318
 ・ 鱒 木の芽 炭火焼

P1070319
 ・ 浜防風 みる貝 大徳寺麩 酢物

P1070320  
 ・ 伊勢海老唐揚

ここまで来ると器の傾向が見えてきます。

磁器を上手に使ってて、どれもこれも見てわかるとおりの作家先生たちのものがほとんどですhappy01shine

P1070321_2
 ・ 穴子黒米ずし

             画像が散らかってて見苦しいですcoldsweats02  すみませんdown

 ・ 新玉葱 隠元 牛ほほ炊合せ

美しい盛り合わせです。染付の柔らかい線描きに新玉葱があっていて主張しすぎないお味が素材を活かしています。

P1070323
 ・ 竹の子ごはん

 ・ しじみ汁椀

P1070324
 ・ くずきり

P1070325
この菓子椀は蓋をあけるとどんぐりの蒔絵が施されてます。

デザートは三種(くずきり・マスクメロン・ブラマンジェ)から選びました。

 ・アイスクリーム二種(生姜と桜)

P1070327
すべて美味しく頂きました。

素材を活かした、さりげないお料理なのですが一品一品に手をかけていました。
2~3連泊してもきっとお料理も楽しめそうに思いますhappy01note

翌日の朝食も美味しく頂きました。

器は菁華さん、正木さん、北野さんをはじめ大阪のようびさんや九段の花田さん、六本木のサヴォアさん系での品揃えでした。

磁器が中心で漆器を合わせ、陶器は地元の花岡さんの粉引や三島手を上手に使ってらっしゃいました。

こうやって器も愛でる食事はとても楽しい時間でした~note

|

« 修善寺 あさば泊・・ | トップページ | 修善寺の朝は~ »

コメント

すっかり春の装いで美味しそうな夕食!!素敵ですね!お料理自体も美味しそう!それに器マジックでもっともっと美味しそうです!鱒の木の芽炭火焼きはこちらまで香りが届きそうです!デザートも美味しそうです!

投稿: ミュウポッポ | 2013/03/17 00:34

尚古堂さんの営業コースで、温石→あさばさんだったので、ずっと気になっていました(^_^)

良い器ばかりですね(^_^)

因みに空豆のすり流しのベースはどんな出汁でしたか?f^_^;

投稿: daigo | 2013/03/17 13:40

clubミュウポッポさん、こんにちは~note

美味しいお食事でした。
お料理と器のバランスも良くって、引き算の上手なお宿です。
デザートも多分額賀さんの7寸皿だと思いますがアイスクリームのツルリとした感じと器の肌がとてもいいのです。私はあまり額賀さんの器は好みではないけどこうやって使うといいものだなぁと思いました。
次回はもっと気合を入れていろいろお勉強したいなぁと思いました。

投稿: ミミット | 2013/03/17 17:45

clubdaigoさん、こんばんはnote

美味しいお料理の数々で、今思い返すとどれもこれも柔らかい優しいお味付けの印象でした。
特に酢物は酢をあまり感じませんでした。あと伊勢海老の唐揚げは少し濃いお出汁に入ってて、海老味噌は別に用意してありました。美味しかったです。
空豆のすり流しは濃厚な空豆のお味がどーーんと来て、なかなか器を傾けても落ちて来ないほどです。多分豆乳とお塩のお味のように思います(私の味覚なので曖昧ですが。。(-_-;))
美味しいのは新玉ねぎの蓋物でこちらは白みその香りのする汁でした。
最後のしじみ椀には蕗が刻んでて私は大好きでした。
次回は季節を変えてじっくり堪能してきたいと思ってます。  以上coldsweats01です。

投稿: ミミット | 2013/03/17 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/50788853

この記事へのトラックバック一覧です: あさばの夕食:

« 修善寺 あさば泊・・ | トップページ | 修善寺の朝は~ »