« お菓子教室2015 4 | トップページ | <梅田健太郎陶展> »

2015/04/22

懐石料理教室 * 2015 卯月

4月の入江先生の懐石料理教室sign03

知らないことだらけでsweat01sweat01
先生の頭の回転の速さについていけません・・

ふっと解らないことがあっても、次から次へと先生の話が続くのでわからないことが流れて行ってしまいますcoldsweats02

イチバンが専門用語が知らないってこと、size感がつかめない、そして手順。。。

お料理自体はそれほど難しくは無く、食材も比較的求めやすいものです。

ただ、深くなんでもキチンと教えてくださる先生の姿勢がスゴイのです、もったいないくらいにねheart

P1140413
 ・ 金目と天豆のご飯

天豆の茹で方、揚げと筍も入ってます。

炊き合わせで使った金目と筍を使い切るのに先生が考えてくださったレシピです。

叩き木の芽を乗せてます。

この一品だけでも、叩き木の芽も知らなかったし、天豆と呼ぶこと。
そして筍の霜降りの意味も改めて習いました。
一年中ある金目も、基本は冬に使うお魚だということ。
そして筍の下ごしらえは湯止めという調理法。(筍や百合根)

P1140414

 ・ 新じゃがのすり流し

和のお味ですが、冷製にしたり。あとは洋のスープにもアレンジできます。

今は新じゃがですが、南瓜や人参でも応用できます。

冷たい洋のスープのときは水塩で塩分を足す・・ん?水塩?
こちらもはじめて聞きましたflair

P1140415

 ・ 真鯛の和風タルタル

初めて扱う甘野老note

茹でて水に放っておき、あとは巻きすに巻いて3㎝に切りました。

巻きすで巻くのは均等に水を切れるから。あとは美しく盛れるから。

 ・ 金目と筍の炊き合わせ

こちらはどーいうわけか画像ナシsign02

金目、筍の穂先、スナップエンドウ、桜麩を使いました。

P1140412
頂いた地酒 二種

P1140418

 ・ 浮島 春の野

P1140420
美しい春のお菓子です。

先生のレッスンは中身が濃くって、しっかり教えて頂けます。

なので、解らないことは流さないで徹底的に教えてもらおう~~~っと私は決めましたsign03 

ヘトヘトになるレッスンですが、忘れないうちにレッスンの夜は真鯛のタルタルは早速作りました。

P1140425




美味しかった~~~happy01heart04

来月までお客様もいらっしゃるし、しっかり作って自分のものにしまぁすsign03

入江先生、ご一緒くださった皆さまありがとうございましたhappy01note


|

« お菓子教室2015 4 | トップページ | <梅田健太郎陶展> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/59729227

この記事へのトラックバック一覧です: 懐石料理教室 * 2015 卯月:

« お菓子教室2015 4 | トップページ | <梅田健太郎陶展> »