« タイ料理レッスン 31 | トップページ | 懐石料理教室 * 2016 睦月 »

2016/01/22

続 タニタの社員食堂さんの献立④

器好きだからこーいうこともとっても楽しいんだと思います・・

タニタさんの献立を我が家の器で愉しむ~~heart

この日選んだ器たちは。

P1160516


メインが塚本治彦先生の織部皿、右奥の小皿も塚本先生です。大振りの鉢は星賢二さんのにしました。
こちらは表が黄交趾で織部の色との相性が良いです。
飯碗は林邦佳先生の子供用くらい小さいお茶碗、そしてスープは上泉先生sign01

 ・ 鶏肉のトマト煮込み

P1160520



 ・ キャベツのスープ煮

 ・ チンゲン菜のマスタード和え

P1160521

 ・ コンソメスープ

P1160522

 ・ 百合根ご飯

P1160523




<鶏肉のトマト煮込み定食>ですhappy01

和食器は洋食器と違って同じ産地のは一緒に使わないそうです。

ただ、塚本先生の織部は強烈(笑)なので、なかなか他の和食器の器合わせが難しい・・

私の友人の塚本ファンは塚本尽くしがイチバンぴったりくるsign01っと断言するほどです。
(ギャラリーの店主のかたもおっしゃるほどです)

そこで、この日はこの織部をふたつ使ってみましたsign03  なんかいいんじゃないかな~~と自画自賛heart04

ぐっと色の濃いトマト煮込みを織部と合わせちゃうcoldsweats01 食べててパワーもらいましたgood

P1160524




タニタさんの本だとぜんぜんイメージ違いますねsweat01

こうやって楽しんでると欲しいものも明確になってきました。具体化したいと思いますheart02

|

« タイ料理レッスン 31 | トップページ | 懐石料理教室 * 2016 睦月 »

コメント

ミミットさん、こんばんわ
塚本さんのお皿が凄い、まるでガメラ(失礼)を見ているようで
小皿と並ぶと贅沢な御膳になります
ごつごつした感触の器はまだ求めていませんが、こんなのがほしくなる逸品です
スープ椀も少し緑かかっているのでしょうか、合っていますね
ユリネご飯は知りませんでした
ユリネといえば、茶碗蒸しをするのに三つ葉を買いながらユリネを忘れているのを思い出しました
余ったユリネをご飯にして、雑穀もまぜてみます
タニタ食堂のメニューは酢の物が少ないですね
酢の物は苦手だったので、食膳に添えるようしていましたが、必ずしもなくていいんだと少し解ける気持
韓国料理やタイ料理は作りませんが、どれも楽しみにみています
ではでは  

投稿: toppy | 2016/01/22 18:08

clubtoppyさん、こんにちはsnow

ガメラ!!!爆笑してしまいました。
スゴイ迫力のある器ですよね~~~大皿とかとってもかっこいいですよ。
私の思うに男性は柔らかい優しい器、女性は迫力のある器が好みのように思います。(一言では言い切れませんが・・)
百合根は普通に炊き込みご飯のように水出汁と塩味で炊き込みました。ねっとりしてて美味しかったです。
タニタは酢の物でも梅肉やレモンなど使ってます。特に冬のメニューには酢の物はすくないかもしれません。
また覗きにお立ち寄りください~~~paper

投稿: ミミット | 2016/01/23 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/63581449

この記事へのトラックバック一覧です: 続 タニタの社員食堂さんの献立④:

« タイ料理レッスン 31 | トップページ | 懐石料理教室 * 2016 睦月 »