« 2016 7  鳴子*温泉  | トップページ | 2016 7  鳴子*食事 »

2016/08/03

鯉の旨煮

私は旅行から帰ると無性に家仕事に燃えますsweat01

旅の間沢山の刺激をもらって、パワーも充電してきてるので帰ってからはいろいろやりたくってウズウズしてしまいますheart02

鳴子から帰ってからは洗濯と掃除、買い物、そしてジムに行ってとフル稼働です。

鳴子の旅館大沼さんのお料理がとっても身体に良いものばかりだったので体調も良くってそんなご飯って大事だな~っと改めて日本の田舎のご飯を見直したりしました。

20120324dsc01231

鳴子で鯉料理やさんで買ったお土産の旨煮で夕飯です。

夏向きに正木春蔵さんの飯碗、メインの鯉の旨煮は西岡良弘さんの斑唐津。

中條さんの葵の鉢に塚本先生の織部、蕎麦猪口は福西先生の青紅葉のを選びました。

器日々的には大好きオンパレードですlovely

20120324dsc01232

蕎麦猪口に盛った若布菜と長芋の酢の物は相性が良かったです。

最近は天向豆と黒米など混ぜた玄米が好きです。

山岸さんのお椀には仙台麩でお味噌汁にしました。

20120324dsc01233


実は鯉料理に餓えてまして、私も母も大好物ですsign03

ずっと鯉sign01 鯉sign01 っと言ってたので引き寄せパワーで偶然お店を見つけることが出来て嬉しかった~~~happy01

通販より作り手に会ってのお買い物はご縁を感じます。

また、鳴子へ行く楽しみが増えましたscissors

|

« 2016 7  鳴子*温泉  | トップページ | 2016 7  鳴子*食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22786/66818979

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉の旨煮:

« 2016 7  鳴子*温泉  | トップページ | 2016 7  鳴子*食事 »