2015/12/02

器の好み・・

学生のころから長年にわたって器が好きだと、少しずつ好みが変わっていってるように思えます。

好みが変わるというよりは持っている器が沢山あるので、好きな中でも「今まで持っていないもの」「手持ちの器に合わせやすいもの」を選ぶようになります。

なので、好みが変わったように思っても、実はずっと好きは好きなのです

私には器に流行はないんだと思います(笑)

今回はそんな私の眼にとまった作品です

P1160125中條正康さん 水葵図平鉢揃え 

しっとりと柔らかい作りで陶器なのに清々しくって、それでいて育てる楽しみのある平鉢です。

葵図なので使うのは夏でしょうか?

それでも、鉢にもお鍋の取り皿にも、変わりご飯なんかでも、果物もいいし。

備前や染付、漆器との相性も

P1160128

忙しくって展示会の初日には伺えなかったけど、後日覗いても心惹かれる作品と出会うことができました。

20代のころに出会った中條作品、今もって追っかけてます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/09

じっくり、と!

20130408img_1395 小山冨士夫さん  粉引酒觴

今年の一月に開催されたしぶや黒田陶苑さんの<大酒器展>で購入しました。


20130408img_1397
GWには美味しいお酒を調達して、じっくり~ゆっくり~たっぷり~堪能したいものです


そうそう、そのとき気になってた酒注。。やっぱ買えばよかったな

次の出会いを待つとしましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/07

1960~70年代の作品❤

長年、蔵に眠っていた作品たちを見るのはとても楽しい時間でした

20130406img_1379 廣永窯

第二弾で伺ったときは、オットといっしょでした

私は甥っ子が銀座でセラピーを受けてる時間に神楽坂のうつわや釉さんまで行ってオットと合流

↑二点はオットがすでに選んでいた酒呑と徳利です

汲み出しや食器を見ていると時間はあっという間に過ぎてしまいます

昨日アップした酒呑は実はこんなにかわいい大きさなのですよ

20130406img_1383
暗い蔵の中からよくぞ我が家に来てくれたなぁーーーっ

とても嬉しいお買いものでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/06

不思議な魅力❤

掌に抱えると、なんともいいなぁ~~っと魅力のある呑みの器です

20130406img_1378 廣永窯

先日の<廣永窯蔵出し市>で見つけた酒呑です


20130406img_1376
そのほかにも酒呑と徳利を選びました~~笑!

   http://utsuwayayu.exblog.jp/19784473/




                                     つづく。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/15

飛び鉋

春に出かけた大分~熊本の旅

観光ハイヤーに案内された<小鹿田焼き>の集落
          http://utsuwa-hi-bi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-8b8d.html

ぶらりと散策しながら、数軒の窯元にお邪魔して楽しい時間を過ごしました

実際に集落を歩いて、「こういうところから全国に発信しているとは…
お土産屋さんっぽい民芸やで売っている小鹿田焼きのイメージとは程遠く、
静かなたたずまいの中、川の水をいかして唐臼でついている音が心地よく、心落ち着く風景でした

出来立てのほやほやの作品は軒先や工房に並んでいます。ふたものをふたつ選びました

20120514img_8991小鹿田焼き 飛び鉋ふたもの

奥に映ってる備前のふたものは以前、備前焼まつりで購入したものです

我が家のお塩やお砂糖たちはみんなこんなカンジの蓋物に入れています

20120514img_8996
狭いキッチンで場所はとるけど。。

こんな拘りがキッチンに立つのを楽しくします~




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/01/20

Lightroom やってみました ❄❄❄

今朝からどんどん降ってます☃

昨日、息詰まってたraw画像処理。。 

 このかたに助けていただきなんとかブログにアップできることまで辿り着けました

20120119img_8333中條正康さん 笹文四方向付 

乾山の雰囲気を醸し出しています

使い甲斐のある器の予感が…

20120119img_8338
気取って使いたくなるお向こうですが、普段もつかえるように考えたいな~

20120119img_8331
Lightroom  忘れないうちに次々にやってみますよ~ 

ビーズさんっ! ありがとうございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/07

心くすぐる器!

キャーーッ  と、興奮して…

ジワジワと笑顔が広がって…

ふーーーぅん と言葉少なくなり…
           心の中で味わいを転がす…   そんな器 

なかなか出会えない希少な展示会なので初日の金曜と旅から戻った月曜日とイソイソと二度ほど伺いました

   うつわ荻窪 銀花さん  http://www.kan-an.com/index.html

Img_8041 中條正康さん 絵替り五寸深皿

Img_8043

見て  見てくださいな

Img_8046
うふふぅーーーっ

Img_8044
Img_8053
細かく、遊び心満点

Img_8048
三枚選びました、どれもコレも

Img_8049
表も裏も

Img_8051
何点か選んだ中條正康さんの器たち、徐々にアップしていきまぁす 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/23

西浦武作品

先週の木曜日に偶然出会った個展

横浜タカシマヤの美術での<西浦武作陶展>

五枚そろえで欲しかったお皿ですが、数が揃わずにまずは一枚購入~

早速、玄関で草花をいれてみました

P1030546 越前 西浦武さん 

渋くって、活き活きしていて…
いやぁ、好みなのです  まったくもって、大好きです

追加で残り3客をお願いして、オットと日曜日に頂いてきました。

花入れがとっても良くって、次回の個展ではなんとしても欲しいーーっ

雑誌PENの2001年、私の愛用本の表紙に載っている西浦作品です。

P1030560
1941年に福井県でお生まれになり、東大法学部を卒業されて、サラリーマンを経て、陶芸家になられた西浦先生。
お酒もお好きなようで、初めてお会いしたとは思えない笑顔で優しいお人柄でした。
二年後の個展、楽しみです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/25

おたま!

普段、お味噌汁や煮物の調理に使うおたま!

なかなかコレ!っていうのが無くって探してました

先日こちらで見つけたので、早速店舗に走りました

使い勝手良いですよ

そこで見つけた蓋もん  

P1020857 福森雅武さん 灰釉お向

欲しかった福森雅武さんの食器、2客しかなかったので。。
伊ラボでしたら数はありましたが、ちょっと使いにくいかなぁ~(伊ラボは苦手です。。)

P1020858
カレーでラッキョウや福神漬けを入れちゃったりしています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/19

meat pleat

鎌倉・茜さんで一目で気に入ったミート皿です

普段ふたりで使いたいと2枚購入しました
  (2枚しか無かったし、ね

P1020930 豊場惺也さん ミート皿

美濃で作陶されている作家さんです。
        大きめのお鉢もとっても魅力あります

今回購入したのは23センチという大きさでとっても重宝します~

P1020928
早速、使いましたよ~

ドンピシャリの器、茜さん、ありがとうございます



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧