2016/05/01

追悼展*絵唐津

櫨の谷窯の吉野先生の追悼展で選んだ絵唐津、先日届きましたwink

20160430dsc00404唐津 吉野魁さん 絵唐津大鉢

一度訪れた櫨の谷窯、静かでいいところでした。

今はお嬢様の敬子先生が継いで作陶されています。

20160430dsc00405

絵唐津は作家さんの個性が表れてて、見ているだけでも楽しいですlovely

20160430dsc00407




追悼展は新宿の柿傳ギャラリーさんで開催されましたが大勢のファンで賑わっていましたnote

熊本、大分方面の地震でこのGWは九州方面への観光の出足も鈍いとニュースで報道されています。

東京での展示会で見る素晴らしい作品たちも、実はこういうところから生まれてきているんだと思うとまた訪れたくなりますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/24

梅田健太郎 作陶展 2016

長くにわたって故中川自然坊先生のところで弟子入りされて多くを学んでらした健太郎先生の展示会に行ってきました。

                      池袋東武さんですsign0121~27日の開催sign01

健太郎先生は熊本県宇土市で作陶されています。

まさに震源地の大災害が起きている地ですsad  

作品を送るのも自力で運転して亀裂の多い道を避けながら福岡まで行きなんとか発送にこぎつけたとのこと。

今は大きな揺れが怖いので車中泊されているんですってcoldsweats02

そんな状況のなかでも「しっかり仕事をするのが自分の務めです」 っとキラキラした表情でお話される健太郎先生。

20160423dsc00357唐津 梅田健太郎先生 唐津茶碗




先生の性格が作品にも表現されています。

明るくまっすぐでしっかり焼き込んでいるお茶碗です。山瀬の土です。

会場内ですぐに目についた逸品ですlovely

20160423dsc00354


20160423dsc00356


先生にもお会い出来て、私の方が元気を頂きましたsign03

自然坊先生の焼きに拘った作陶の逸話など健太郎先生のお話には大爆笑で、まるで自然坊先生も会場にいらっしゃるようでした。

20160423dsc00355




さて、今週は仕事に家事にリフォームの最終段階に・・いやはや大忙しsweat01

もちろん展示会にも行きたいしお稽古も行きたいhappy01  タイムスケジュールとにらめっこですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/18

おもいツヅケテ

見つけてから7~8年になるでしょうか・・

銀座のデパートで出会った唐津のお向うsign03

たしか当時は7万円位だったか?

そのあとも銀座に行くたびに眺めては「いいなぁ~~sign01」 「欲しいなぁ~~」そう思ってました。

しばらくしたらお値段が上がってて10万円超えwobbly


「無理だな。。」 「でも、いい器だな」なんて、銀座に行っては眺めてましたlovely

こちらですnote

20160418dsc00329唐津 西岡良弘さん 斑唐津向付

先週銀座でいつもお願いしているセラピーをうけたあとに、立ち寄ったらちょっといいカンジのお値段になってましたhappy01

1客1万円heart02

それっ、買うでしょうーーーっheart

20160418dsc00334




むふふっ、思い続けていた甲斐あって見ごとにゲットできましたnotenotenote


20160418dsc00332



日本の素晴らしさを大好きな器を通して愛おしんでいきたいと思います。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/08

春の茶碗 ふたつめ

この時 もうひと碗選びましたwink

20160407dsc00233唐津 梶原靖元さん 高麗白瓷茶碗 

4月にはいってから、今までより1時間ほど寝坊できますsleepy

だいたい6時起きかな?   午前中も時間に追われることなく家事の合間にお茶を一服sign01

20160406dsc00228
お菓子はもう散ってしまってる桜を惜しんで拾六さんの桜葉の備前皿にしてみました。



こちらのお茶碗はお料理も盛ってみたいなぁ~

20160407dsc00236



それも楽しみのヒトツですねheart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/01

絵唐津もいろいろ

唐津の作家さん、私が出会った方はほんのわずかです。

焼きの自然坊と言われただけあって亡き自然坊先生の朝鮮唐津は大好きですheart

朝鮮唐津でも矢野先生のは品があってステキnote

斑唐津は浜本先生のが好みです。

絵唐津は先生方の個性があるので作品を見ただけですぐにわかりますね。
  
        自然坊先生、吉野先生、土平先生、丸田先生

絵唐津で好きな作家さん(イチバン好きとも言い切れませんが・・)は良弘先生の作品です。

20160401dsc00203唐津 西岡良弘さん 絵唐津鉢 揃え

渋くって繊細で、良弘先生の小品は好きですlovely

20160401dsc00204




あまり出会えませんが、年1回かしら?銀座で展示会があります。

こちらは鎌倉の茜さんで購入しました。

20160401dsc00205




唐津では大好きな梶原先生や梅田先生、菊池先生も楽しみな作家さんですhappy01

時間が出来そうなのでまた唐津に行きたいなぁ~

そうそう、輪島も備前も行きたいsign01 ふらりと作家さんのところに立ち寄ってお話伺えたら嬉しいですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/15

春の茶碗

1月のこちら で開催された<梶原靖元作陶展>

そのとき求めた作品の内の1点

20160315dsc00091唐津 梶原靖元さん 月白茶碗

まさに春のお茶碗ですcherryblossom

20160314dsc00087


20160315dsc00093





3月中旬からオットの仕事も一段落。

ゆっくりと過ごせる時間もできそうなので、お茶をたてたり美味しいお菓子を作ったりと家でのひとときも充実したいなぁconfident

20160315dsc00095




出かけ癖も反省して、家も片付けたり簡単なお料理ばかりしてたのでもーちょっと家ごはんも真面目に作ってみたいし。

器たちもまだまだ使い込んでいないので、ね。。

確定申告も無事に終わり、今月は人間ドッグと空き部屋の掃除sweat01

空き部屋をどう使いやすくするか・・ オットの仕事部屋&器収納になりそうですhappy01note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/15

唐津が熱い!

先週から開催しています横浜タカシマヤの美術での<唐津三人展>

梶原靖元先生、梅田健太郎先生、岡晋吾先生と人気作家さん勢ぞろいでの展示会です。

それも食器heart

楽しい展示会ですnote

20150815img_5140_2唐津 梶原靖元さん 粉引湯呑

焼き物好きにはたまらない作品heartです(笑)

揃えの器も見応えありますが、こーーいう作品は「買うのはワタシでしょ」的なlovely

20150815img_5142
梶原先生の作品はなかなか出会えませんが、見つけたらかなりの確率でトキメキマスheart01

20150815img_5139_2






絶対オーダーでは先生の良さが表現できないところが魅力ですねnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/04/27

ギャラリー巡りの楽しみ♡

先日、ふっと立ち寄ったこちら で、出会った器ですlovely

春になって器熱がアップして、展示会やギャラリーに立ち寄る機会が増えましたrun

器は沢山持ってるし、めったに割らないし、手放さないので・・
もーーー、ほどほどでいいかな?と思ってましたが。

でも、和食器はピッタリ思った通り器を合わせるとなるとまだまだ足りません。

五法五味五色・五適・五覚 でしたっけ?
そんな和食の基本を頭の片隅に置きながら器を選ぶとなると。。(笑)

まぁ、早い話キリが無いsign03 ということですcoldsweats01

そんな言い訳をしながら、ここにきてまた器熱がup

20150426img_4910唐津 矢野直人さん 三島手五寸皿揃え

20150426img_4905
人気上昇中の矢野先生の三島手heart

20150426img_4906_2


良いですね~~~note

ホレボレnote

20150426img_4904
この日はしぶや黒田さんに頂きに行ってご馳走になった<喫茶去>

P1140461

こんなの見ちゃうとまた心が揺さぶられますheart02

ご馳走さまでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/24

<梅田健太郎陶展>

池袋で開催中の<梅田健太郎陶展>へ行ってきましたsign01

健太郎先生の作品はずーーっと以前、粉引のお皿を買ったことがありますが。
それ以来なかなかご縁がなくって気になっていた作家先生でした。

個展の情報をいただいたのはこちら

個展会場では知り合いのSさんともお会い出来て2時間にわたるやきもの談議(笑)

健太郎先生の明るく素直な印象に好感が持てました。

イチバンの話題は健太郎先生の修行先だった自然坊先生の懐かしいお話heart02

一緒に自然坊先生がいらっしゃるの?っと思う位盛り上がりましたupupup
楽しかったーーーnote

唐津に限らずSさんといっしょに備前の話、黄瀬戸やこれから開催される展示会の予定~~~などなど、一日中話したい位ですbleah

ひゃぁーーっ、っと鼻血がでそうなくらい興奮しちゃいましたhappy02

こういうのはホント久しぶりですheart  ずっと忘れてたのを思い起こされました。
やっぱギャラリー巡りは楽しいなぁheart02
作品を見て購入して、それだけではもったいない。。。時間の許す限りいっぱい話したりお聞きしたりするとそれだけ得るものが多いんだなぁっと改めて感じましたsign03

20150424img_4894唐津 梅田健太郎さん 絵唐津鉢

20150424img_4898

長居しただけ目がなれて素晴らしいお鉢を見つけました。

20150424img_4893

池袋東武さん 4月29日まで <梅田健太郎 陶展>

20150424img_4891
今後楽しみな作家さんですhappy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/04

たまには・・

たまにはこんな器も買ってますhappy01note

茜さんで見つけたちょっとお買い得の向付notes

P1120828唐津 中里太亀さん 南蛮向付揃え

P1120832


形も存在感も・・笑coldsweats01

今までもってない器ですネsign01

茜さんは焼き締めだと備前の星正幸先生、そして唐津は中里隆先生の南蛮、茜さん私物だと森陶岳先生など扱ってらっしゃいます。

以前購入した中里隆先生の南蛮の片口は我が家では大活躍wink             http://utsuwa-hi-bi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-d7c7.html

焼き締めの器は使わないと良さがわからないので、早速器合わせをやってみました。

大きな楕円の塚本治彦先生の織部皿。

P1120834




こちらだと太亀先生の焼き締めが大人しく見えます。
それが、ワタシ的にはねらい目ですlovely

ただ、上中の色絵の小皿がいまいち。。苦笑sweat01

古川章蔵先生のなんですが、浮いちゃってます。。。coldsweats02

で、 最終的にはこっちかな?

P1120836




なんかイイカンジですheart04

今回は織のクロスで合わせましたが、これが折敷だとまた違うんですよね~~~sign01

多分塚本先生の織部皿が合わないかも・・sign02


そんな、器合わせをしてると一日経つのがあっという間ですhappy01

今週初めに実家に美味しいもの作ったり↓

P1120822
P1120821
御殿場アウトレットに出かけたりcardash

それでも比較的自分の自由になる時間が持ててます。

来週からはめーーーっいっぱいっsweat01sweat01sweat01 予定がギュっと詰まってます。

器に癒されて、美味しいもの食べて、体力もりもりで過ごしましょっとbleah





| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧