2016/05/19

使い勝手!

今年の初め、東京ドームのテーブルウェアフェスティバルでお願いした輪島の器です。

20120110dsc00620輪島 大崎庄右衛門さん 銀杏鉢

20120110dsc00619


使い勝手がいいって大事ですhappy01

2人で使うのにちょうどいいですsign01

銘々で使うならもうちょっと小ぶりかなぁ?きっとそのほうが上品ですnote

銘々をそこそこ大きいサイズでワンプレートで使うのは軽めの器が良いですね。

漆器のような見た目重量感のある器は銘々というよりは盛り皿、盛り鉢のほうがいいと思います。

20120109dsc00615




ということで・・

使うのはルッコラのサラダnotes

トッピングは庭に熟れて生ってるレモンです。

20120109dsc00617


銘々は薄いすりガラスの大きめのプレートにしました。

パンレッスンの復習で人参のポタージュにはトマトもいれて、そして空豆のフムスも美味しく出来ました。

こういう軽めの簡単ご飯でも器次第で私好みになりましたsign01

20120109dsc00613




ロデヴは三谷さんの木工の鉢にしました。  作りたいお料理が沢山あります。

いろいろ作っていっぱい食べて、そしてウォーキングして健康的に体重維持せねばcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/05

柏の蒔絵

こどもの日ですねheart04

骨董屋さんで出会った逸品ですshine

でも使用していないものだと思います。

20160505dsc00512輪島 尚古堂 溜塗 柏椀

憧れの蒔絵heart

20160505dsc00514


そして表は溜め塗で蒔絵は内側に施されていますnote  そういうのとーーーっても好みですlovely

20160505dsc00517

吸い物椀のサイズです。

20160505dsc00516




お客様用にしないで5月は普段の食卓で使ってみるつもり、楽しみですnote

こどもの日、習ったお料理の復習しようと思いますsign01

20160505dsc00513




すてきな出会いに感謝ですconfident

20160505dsc00511

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/02/08

角漆器工房

昨年の横浜タカシマヤさんでの展示会で出会った逸品ですheart

P1160657




先生の作品は大きくて大胆なものが好みです。

P1160654


角先生の工房、輪島塩安さん、そして大崎庄右衛門さんに尚古堂さんと私がお買い物する工房は決まっています。

なんといっても角先生は合鹿椀heart

もちろん我が家には到底収まりきれない大作も魅力的なものは沢山ありますが、普段使えて角先生らしいこちらの作品を頂きました。

P1160656輪島 角有伊さん 合鹿大椀 わら文

カサッとした表面が使うたびに馴染んできてしっとりしてくるのが楽しみです。

P1160655




かっこよくって、ホレボレする大椀です。

一度には買えませんが毎年手持ちのを考えながら買い足していく角作品、次回の出会いも楽しみですhappy01shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/01

SAJI

お願いしてた匙が出来ましたョ!っとこちら から連絡を頂き、行ってきましたrun

P1130101




ところが、
お願いしていた匙よりぐっとくるものが店頭にあって、心がぐらっとcoldsweats01


ちょうど展示会の真っ最中~~~heart

選んだのはこちらですsign03

P1130102


原清さん作ですheart

5本しかないのがザンネンですが、気長に1本は待つことにしました。

P1130104




デリケートな和食器にはカトラリーは木製が良いです。

今月はこの原先生のに続き、さかいあつし先生の匙も大量入荷の予定note

宙さんに通います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/03

<木の器展>

何年か前からとっても気になっていた木の器sign03 sign03

丁度、角先生の合鹿椀やだるま椀が気になってたときと同じころです。
なかなかタイミングが合わずにいましたが、昨日やっとめぐり会うことが出来ましたhappy01

20130203img_1015仁城義勝さん 栗 汁椀

普段使いに絶対欲しかった汁椀ですheart

20130203img_1020
ざっくりとした栗の質感と、温かい木のぬくもりnote

大きな作品もどれもこれもステキで、次回は大鉢を頂きたいなぁ~と思ってます。

私はどうしても栗が好きですが、お見えになってたファンの方は栃が大好きでいろいろお買い物されてる方が大勢いらっしゃいました。
みなさん、それぞれの思いがあってお話を聞いてるだけで楽しくってとってもお勉強になりましたhappy01sign01

展示会は昨日が初日で10日までです。

  日日さんsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/16

雨だれ

角先生の展示会も終了し、次回は秋のタマガワタカシマヤまでのお楽しみ~ですheart

20130116img_0889
他には類を見ない角先生らしい作品ですhappy01note

メインの器として活躍しますsign03

なんせカッコいい~~~の、一言heart

20130116img_0883輪島 角有伊さん 長手盆 雨だれ

尺二の長さです。

こういう漆器の撮影は難しいですね。。(^^ゞ

器美味会の計画も立てて、手持ちの器も見直して、展示会もいろいろあるし、忙しくなりまするhappy01sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/13

弁柄

横浜高島屋で開催中の角先生の漆器展。

実は昨日も行ってきました~heart

今回、ワタシ自身のお買い物はありませんが、見ているだけでも癒されますsign01

前にタマガワタカシマヤさんの展示会で購入した作品です。

20130111img_0875_2輪島 角有伊さん 合鹿椀 弁柄

朱が欲しいなぁと思いながらも、この時はこちらを購入しましたheart

使い甲斐のある塗りだなぁっと思ったのが選んだ理由ですhappy01sign01

20130111img_0878
高台の雰囲気もカッコいい~note

20130111img_0873
今回、お友達も角さんデビューをすることになりました、笑!

使えば使うほど愛着が湧いて、次々に欲しくなりますね~きっとhappy01heart
(つぎはだるま椀でしょうか。。笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/01/04

今年は輪島に魅せられて♡

2013年、お正月に使った器たちは漆器中心ですheart

P1060813
奥の黒いお椀は尚古堂のものですhappy01note

お雑煮にピッタリのサイズでした。

20130102img_0822 輪島 塩安工房 長手重 取り皿付 真朱 呂色仕上げ

以前に結婚記念日に合わせてオーダーしたものです。

昨年春に出来上がってきて、暖めておきました、笑!!

やはりお正月は輪島ですね~~~shineshine

折敷も丸いお盆も全て塩安工房さんのですhappy01sign01

買っておいてよかったな・・  今年もなにか逸品にめぐり会いたいですheart02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/10/12

桜の七寸

とても丁寧に作られているお皿を見つけたので、お願いして6枚揃えになりましたhappy01note

20121012img_0301田中実さん 桜七寸皿

20121012img_0303
裏もステキ~notenote

パン皿にデザートプレート、ティーマットなどに使えます。

20121012img_0304
大・中・小とあったサイズで私は大の七寸にしました。

こういう仕事が出来る人も少なくなってきてますよね。。

決して派手さは無いのですが、和食器やガラスとの相性も抜群に良いし食卓でも邪魔しません。

20121012img_0300

朝食の折敷もステキなのを作ってます~次はそっちかなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/19

大椀


先週の金曜日に伺ったしぶや黒田陶苑さんの<陶藝奉仕市>

不定期ですが、このセールは見逃せませんhappy01note

なにかしら好いものがあるのです~lovelyscissors

今回選んだのは漆器ですsign01

20120819img_9798
15×10㎝

使いやすい形の大きい椀ですnote

20120819img_9805
お客様用の漆器はほぼそろっているので、
ちょうど2客あって普段二人でつかうにはもってこいsign01です。
こちらはまさに買いsign03というわけですhappy01good

大きさは角有伊先生の合鹿椀とほとんど変わりませんが、高台が低めなのと軽いお作りなので他の器とも合わせやすいですhappy01

20120819img_9809太田修嗣さん 洗朱根来大椀

毎年12月に太田先生の展示会があります。
    http://www.kurodatoen.co.jp/current_exhibition/2011121620/

今年はしっかり使い込んで展示会にもぜひ行ってみようと思ってますnotes

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧